魅力創造

あなたの魅力を更に引き出す

骨気とマッサージの違いとは

韓国で誕生した骨気は、エステティックサロンやコルギの専門店で受けることができる美容法です。リンパの流れが良くなったり、むくみがとれるとして、美容意識の高い女性を中心に人気を集めています。しかし顔やボディに行うこの施術は、一般的なマッサージとどのような違いがあるのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。どちらもエステティックサロンやリラクゼーションサロンで提供されていることがあり、似たようなイメージを持たれることも多いです。
骨気は、韓国で民間療法として行われてきました。その大きな特徴は、皮膚や筋肉ではなく主に骨に刺激を与えるところにあります。フェイシャルのコルギでは、骨と骨の間に余分な水分や老廃物が溜まっていると、顔が大きくなると考えられています。そのため骨を動かして滞っている余分な水分や老廃物を流すのが特徴です。それにより、血行が良くなったりむくみがとれたりします。そのためエステや専門店で提供されているコルギのコースでは、小顔を目指すものが多いです。
一方、マッサージはヨーロッパで誕生して明治以降に日本にも伝わってきた施術方法です。主に血流の改善を目的にしている手技で、オイルやパウダーなどが使われることが多いでしょう。肌の表面をさすることで筋肉やリンパに刺激を与えて、余計な水分や老廃物を流すのが特徴です。むくみがとれたりコリがほぐれたりする効果が期待できます。
顔に行った場合、両方とも施術後にはむくみがとれてフェイスラインがシャープになるなど、小顔効果が得られることが多いです。しかし骨気は骨を動かして顔を小さくすることを目指していることに対して、マッサージは骨の上を覆っている筋肉や皮膚に刺激を与えて、顔のラインがすっきりするのが違いと言えます。
このようなことから、一般的に骨気の方が小顔効果が長持ちするのがメリットです。ただし、骨に圧をかけて刺激するため、痛みがあることも少なくありません。信頼できるサロンやお店を見つけて施術を受けるようにするのがおすすめです。反対にマッサージを受けて小顔を目指すメリットは、痛みがなく気持ちよく施術を受けることができるというところにあります。デメリットはスリムになれたとしても、効果が短期間であるということです。
骨気とマッサージには、基本的にこのような違いがあります。しかし現在のエステサロンやリラクゼーションサロンでは、両方の良いところを取ったサービスをおこなっている場合も少なくありません。骨気とマッサージの違いが明確になっていないこともあるでしょう。ソフトコルギという痛くなく、気持ちよくリラックスして受けることができるコルギもあります。1つのサロンでも、伝統的なタイプのものとソフトタイプのものの、両方のメニューが用意されていることもあります。それぞれにメリットがあるので、好みに合った施術を選んで受けるのがおすすめです。

カテゴリー:【骨気】コルギについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です