魅力創造

あなたの魅力を更に引き出す

キャビテーション選びのポイント、周波数とは

美容機器というものは様々な種類が発売されており、その多くはエステティックサロンで本格的に使われているものを家庭用にしたものが多く見られます。キャビテーションもその一つで、脂肪細胞に振動を与えることによって代謝を良くし痩せやすい状態にする美容機器です。

キャビテーションの仕組みとしては超音波を出すことによって細胞を刺激し働きを改善し老廃物を排出するというもので、これにより脂肪細胞が柔らかくなって痩せやすくなるだけでなく、細胞全体が活性化されリンパの流れも良くなり肌のコンディションを整えるという点においてもメリットがあるものです。この際に出力される超音波の振動数を周波数と呼びます。業務用に使われているキャビテーションの多くは20khzが使われており、家庭向けに発売されているものについては40khz以上のものが中心です。この周波数は多いほど振動回数が多いということになりますが、美容を目的として行う場合には周波数は必ずしも高い方が良いというわけではありません。低い周波数ほど細胞の奥まで振動が行き渡るので効果が出やすいというメリットがあり、その点で業務用として広く用いられています。一方で低い周波数でキャビテーションを行う場合には、出力そのものが高くなければ奥まで届きませんので、業務用のものでは高価な機器となるものです。

自宅でも使える家庭向けのキャビテーションの場合には40khzから300khzのものが中心で、300khz程度になれば5万円以下で購入することができます。ただエステティックサロンで行なっているような効果を期待したい場合には、最低でも40khzのものを使うことが必要でその場合には10万円程度の出費となります。一方でキャビテーションを使うメリットとしては、単に脂肪細胞を柔らかくするというだけでなく体に与える影響も大きくないということが大きな理由となります。電気的な刺激ではなく超音波を当てることですから筋肉に対してはそれほど影響がなく、脂肪にだけアプローチするので痩せることを目的に利用する場合に高い効果を発揮するものです。

カテゴリー:【エステ】キャビテーションについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です